東京都 / 専門学校 / 学校法人 東京眼鏡学園

東京眼鏡専門学校

東京で唯一のオプトメトリーの専門学校!外国人留学生学習奨励費給付制度あり!
新宿にあるオプトメトリーの専門学校。卒業時の到達ラインは、日本の眼鏡技術者の標準「認定眼鏡士(にんていがんきょうし)」です。平成26年4月、米国のマーシャル・B・ケッチャム大学(旧南カリフォルニア・カッレッジ・オブ・オプトメトリー)と業務提携を行い、ケッチャムコースの開設、教職員・学生の交流、眼鏡学教育に関する情報交換、日本での共同セミナーの開催等を行ってまいります。 過去にも多くの留学生が日本の眼鏡店に就職しています。
※ 資料・願書は日本国内のみの郵送になります。
第一眼鏡学科(高校卒業対象)
定員 : 10名 
年限 : 3年
時間 :
対象 : 男女
学費
15,000円(受験料)
800,000円(初年度)
学科の特徴
視力とメガネのスペシャリスト認定眼鏡士を養成します。高校卒業(見込み)の方が対象です。
母国で12年以上の学校教育を修了し、日本語教育振興協会認定校で6ケ月以上の日本語教育を受けた者。
目指せる仕事
●オプティシャン・オプトメトリスト/眼鏡店、コンタクトレンズクリニック、眼科医院など。眼鏡の加工・調整・販売を行う。また、眼科医のもとで、さまざまな検査やコンタクトレンズの正しい取扱い方法などのアドバイスを行います。
●コンタクトレンズインストラクター/ビジョンスペシャリストの一分野。眼科やコンタクトレンズクリニックに勤務。
眼科医のもとで、視力検査やコンタクトレンズの装着や、取扱いの指導にあたります。
●ファッションアドバイザー/メガネは医療用具、そして人のイメージを変えるファッションアイテム。顔
第二眼鏡学科(専門・短大・大学卒業対象)
定員 : 10名 
年限 : 2年
時間 :
対象 : 男女
学費
15,000円(受験料)
1,100,000円(初年度)
学科の特徴
視力とメガネのスペシャリスト認定眼鏡士を養成します。専門・短大・大学卒業(見込み)の方が対象です。
目指せる仕事
●オプティシャン・オプトメトリスト/眼鏡店、コンタクトレンズクリニック、眼科医院など。眼鏡の加工・調整・販売を行う。また、眼科医のもとで、さまざまな検査やコンタクトレンズの正しい取扱い方法などのアドバイスを行います。
●コンタクトレンズインストラクター/ビジョンスペシャリストの一分野。眼科やコンタクトレンズクリニックに勤務。
眼科医のもとで、視力検査やコンタクトレンズの装着や、取扱いの指導にあたります。
●ファッションアドバイザー/メガネは医療用具、そして人のイメージを変えるファッションアイテム。顔
留学生の皆様へ
東京で唯一のオプトメトリー(近視・遠視・乱視などを補正する学問)の専門学校です。欧米の眼鏡学校は3~4年制が当たり前。本校では国際基準に合わせ高校卒は基本の3年制、短大・大卒は圧縮型の2年制を採用しています。
留学生の卒業生は、日本の眼鏡店で働いたり、母国へ帰国してメガネ技術者として活躍しています。
学生サポート
学習面での相談や暮らしの中の心配事、精神面の悩みや就職問題など、学生達が気軽に教師に相談できるクラスアドバイザー制度もあります。東京で初めて一人暮らしをする学生や、ご両親たちにも、たいへん喜ばれている制度です。
就職実績
眼鏡店、コンタクトレンズクリニック、眼科医院など。(本校全体の実績)
 
就職サポート
本校が眼鏡業界多数の支援で設立された学校であることもあり、就職に大変有利です。求人倍率は例年2.5~3.5倍。学生1人に対して約3社から求人があるということです。
留学生入試
出願期間 2015-10-01 ~
応募資格 母国で12年間以上の学校教育を修了し、日本語教育振興協会認定校で6ケ月以上の日本語教育を受けた方か、日本語能力検定試験2級以上を有している方。※詳しくは「スクールガイド(学校案内)」をご覧ください。(無料)
選考方法
  • 面接、日本語のレベルなど総合的に判断します
文部科学省 外国人留学生学習奨励費給付制度
本制度は、大学,大学院,短期大学,高等専門学校,専修学校の専門課程,我が国の大学に入学するための準備教育を行う課程を設置する教育機関又は我が国の日本語教育機関に在籍する私費外国人留学生を支援する制度です。※詳しくは「スクールガイド(学校案内)」をご覧ください。(無料)
所在地 〒169-0073
東京都新宿区百人町2-26-10
お問合せ先 0333607046
最寄駅 JR中央線「大久保」駅、JR山手線「新大久保」駅より徒歩10分 ※共に「新宿」駅から1つ目
アクセス方法 JR中央線「大久保駅」北口より徒歩5分
JR山手線「新大久保駅」より徒歩10分
奨学金制度 あり
独自学費免除制度 あり
あり
アクセスマップ
※ 資料・願書は日本国内のみの郵送になります。
ページトップへ