日本での就職活動

日本での就職に関して
平成25年の調査で日本で働いている外国人は約717,000人で、前年同期と比べ35,000人増加しました。 これは、平成19年に届出が義務化されて以来過去最高となっています。 最近は日本へ留学し学び卒業した留学生が日本の企業に就職するケースが増えています。
留学生の就職活動のスケジュールは基本的には日本人学生と同じです。 学校ごとに異なる場合もありますが、セミナーや相談会、学校の就職部と相談などでどんな会社で働きたいかをイメージしておきましょう。 様々な資料やイベントなどから、興味のある会社を絞って行くことになります。
日本では新卒の学生がより採用されやすく、一定の時期に集中して学生も企業も就職活動をする傾向があります。
就職活動スケジュール
03月~:エントリー開始
03月~08月:企業説明会・セミナー
08月~09月:採用活動開始(面接・試験)
09月~10月:内定

学校によっては就職活動を促す時期が異なります。卒業年の前年からもあれば2年前からという学校もあります。
企業の状況により活動時期は毎年変わっていますが基本的には同じなので準備をしておきましょう。
外国人雇用サービスセンターの利用
外国人留学生の方や専門的・技術的分野の在留資格を所持して仕事を探している外国人の方を支援する国(厚生労働省)の機関です。

東京外国人雇用サービスセンター
http://tokyo-foreigner.jsite.mhlw.go.jp/home.html
名古屋外国人雇用サービスセンター
http://aichi-foreigner.jsite.mhlw.go.jp
大阪外国人雇用サービスセンター
http://osaka-foreigner.jsite.mhlw.go.jp/home.html
福岡新卒応援ハローワーク
http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/gakusei_mishushoku/ryugakusei.html

■主な支援内容
・留学生向け就職ガイダンス
・大学との協力(訪問ガイダンス)
・留学生に対する職業相談・職業紹介
・留学生インターンシップ
・留学生対象就職面接会の実施
・留学生に対する職業相談・職業紹介
ページトップへ